上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/11
 
 エスくん、公文に通い始めました。

 先日は私が仕事だったので、
 下校したエスくんは自分で家の鍵を開け、
 そして自分で鍵を閉めて一人で公文の教室に行くことに。

 今後はこういうことに慣れてもらわなくてはいけないんだけど、
 一人で戸締まりして出かけるのは初めてなので心配でした。

 「出かける時は必ず鍵を閉めるように。
  閉まったかどうかドアノブを引っぱって確認すること。
  ママが仕事終わったら月謝支払いついでに迎えに行くから、
  それまで教室で待っているように」と
 前日から何度も何度も言っておいたのですが、
 当日、急いで教室に迎えに行くと「もう帰りましたよ」と。

 えーーーーーーさんざん待ってろと言ったのにー_| ̄|○

 家に帰ったら、いましたよ。
 ちゃんと帰宅していました。
 無事でよかった。

080311

 しかも、苦手な自転車で行ってきたんですって。
 なんだー、けっこうやるじゃないか息子。
 ちょっとたくましく見えました(^^


--------------
以下、公文の話です。


そもそも公文に通わせようと思ったのは、
4年生になると学童に通えなくなり、
私が仕事の間、一人で留守番させることの心配からでした。
だからせめてなにか習い事をさせて、居場所を作ろうと思ったんです。

本当は塾とかよりも運動系の習い事をさせたかったんだけど
エスくんから拒否されまくって諦めました…。
(理由は「疲れるから」)
そこで、チャレンジ(ベネッセ)も辞めてしまったことだし
お友達も通っているということで、公文の体験から初めました。

公文は200枚の教材を終了すると次のステップに進むシステム。
今は公文の方針だか先生の方針だかわからないけど(たぶん両方)、
「自信をつけさせるため」に1年生レベルの教材から始めていますが、
この「200枚終わると次にいく」というシステムが
なんと、エスくんのコンプリート魂に火をつけたようなんですよ…。
わかりやすい目標といいますか…。

教材の一覧表を見ながら、
「今、ぼくはここだから、あと○枚で次にいくよ」と確認してみたり、
終わったものが手元に残るので、その紙の山を見ながら
「こんなにやったんだ」と目で見て確認できるのもエスくんにはいいみたい。
あと、お友達の進み具合も気になっているようです。
(他人を気にするなんて、エスくんには珍しいことです)

毎日宿題をやらないといけないんだけど、
今はまだ問題も簡単で時間もかからないせいもあって
それでも自分からすすんで宿題にも取り組んでいて
私はビックリですよ。
始めたばかりだから、それなりにやる気なのは当然ですけどね~(^^;

これから問題も難しくなって宿題の時間もかかるだろうし、
今みたいに宿題をするのも楽しいという雰囲気はなくなるかもしれないけど、
とりあえずできるところまで続けてみようかと思っています。




エスくん、ファイト!

うちのりんごも一昨年の12月から公文に行っています。
うちは算数だけなんだけど
計算方法になれて、自分でテンポ良くこなせる間は
楽しそうに通い、楽しんで宿題をやってるけれど
レベルが上がって少し自信がない・・となると
教室に行くのも億劫そうで、宿題もイヤイヤになるなど
とてもわかりやすいりんごです。
でも最近になって学校の算数の授業で
計算が誰よりも速く出来、点も良かったらしく
「公文のおかげだ!」と言ってて
小さな事だけどそれが自信につながるような事も
やらせてて良かったな、と思えます。

時には宿題に付き合ったり
同じことを繰り返す事のグチに付き合わされたり
いろいろあると思いますが
ひろのさんもファイト!です。
【2008/03/12 08:29】 URL | ぽちなな #.Y.6zfHo[ 編集]
りんごちゃんも公文に通ってましたか!
あのシステムの中に入っていいものかどうか悩んだんだけど、
子どもの自信に繋がるのを目の当たりにすると
やっぱり有効な学習方法なんでしょうね。

うちもたぶん、楽しい時は問題ないけど
ちょっと難しくなったりしたらグズグズ言いそうな予感。
そのへんをうまくコントロールして
続けられたらいいなあ。
【2008/03/13 12:38】 URL | ひろの #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぺもぶろ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。